Setagaya-Futaco International Gathering

若者よ日本に閉じこもっていてはダメ

村山、小沢、鳩ポッポ、学者共、あんた達、国を忘れて何ホザく?

 

連日の曇天で蝉しぐれもトーンダウン、
代わってベランダに押し寄せる鈴虫時雨は物凄い‼️
余りに煩いと、可愛い涼むしい音とは言えません、

地球はおかしくなってはいるが、日本の四季の巡りは辛うじて未だ4つ存在しているらしい。
皆さんリビングに1枚羽織るものを用意して、不順な気候、風邪にやられない様にご注意あれ‼️

さて、下記は産経のホッとするネットニュースのコピーです、

もはや健全な批判というより憎悪や悪意に…「安倍嫌い」の感情論と焦燥

2015.8.27

郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、みんな安倍晋三首相が悪いのよ~とばかりに、一部のメディアや学者、文化人、野党議員らの安倍首相たたきが過熱している。もはや健全な批判というより、憎悪や悪意をぶつけているとしか思えないほどである。

この現象について、雑誌『新潮45』9月号の特集「『安倍嫌い』を考える」が興味深い視点を提供していた。例えば、著述家の古谷経衡氏は、5月の憲法記念日のトークイベントで繰り返された「呪詛(じゅそ)の言葉」を紹介する。

「安倍以外なら誰でも良い」「安倍は史上最悪の独裁者である」「安倍のせいで日本は破滅する」…。

◆批判の裏に嫉妬

古谷氏は、「安倍総理をヒトラーになぞらえ、それを支持する人々を右翼、社会を右傾化していると批判的に捉える人々は、『極右内閣にもかかわらず、国民的支持を受けている』という事実に狼狽(ろうばい)」し、嫉妬していると説く。

それは「戦後左派勢力は、もはや自分たちが大衆から離反しているのではないかという事実を薄々(うすうす)感じているから」だという。うなずける指摘だ。

確かに嫉妬という要素はあるのだろう。古谷氏の文脈とは異なるが、第1次安倍政権が倒れた直後、ある省庁幹部はメディアの姿勢についてこう語っていた。

「各社の編集局長らは、自分たちより若い首相の存在が我慢ならなかったのだろうね」

また、この特集でコラムニストの小田嶋隆氏は「安倍さんという政治家は、人を感情的にする」と分析し、こう述べている。

「私に限らず、安倍さんについて何かを言う人たちは、おしなべて、感情的になっている。(中略)安倍さんの政治手法や、安倍さんが掲げている政策ならびに理念には、人を感情的にする何かが含まれている」

確かに今国会の安全保障関連法案の審議を見ても、国際情勢や安全保障環境にかかわる冷静な議論とはほど遠い。むしろ、憲法という「聖典」の解釈をめぐり自らを一方的に「正」「善」と位置づけた野党が、政府・与党に「邪」「悪」とのレッテルを貼って責め立てる場と化している。

特集でも、著述家の神山仁吾氏は安倍首相に対し、感情的に「あの面の皮がいかにも厚そうなブヨブヨの顔にも虫唾(むしず)が走る」と記し、「暗愚総理」と嫌悪感を隠さない。だが、普通は首相の容姿をここまでけなすことはしない。

◆大衆は同調せず

ともあれ、安倍首相ほど好き嫌い、評価するしないがはっきり二分している首相は珍しい。左派勢力は、自分たちが寄りかかってきた戦後の価値観と既得権益が壊されることに焦燥感にかられ、批判のボルテージを上げるが、大衆はなかなかついてこない。そこで、さらに焦りを募らせ、いよいよ感情的になっていく。

戦後70年の安倍首相談話が発表された翌15日の朝日新聞社説は、談話を「極めて不十分な内容」と書き、こう決め付けた。

「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった」

逆上したかのような論説だったが、やはり大衆はついてこなかったことが数字に表れている。朝日が22、23両日に実施した世論調査では、安倍談話を「評価する」が40%で「評価しない」の31%を上回り、内閣支持率も1ポイント上がっていた。朝日は、民意にはしごを外されたのである。(論説委員兼政治部編集委員)

 - じじいの嘆き

ホームに戻る

  関連記事

我が「寝んと狂書」 ザケんじゃない 何が国民的アイドルだ

海老澤時代以降、国民から受信料取っといて、「ジャニーズ迎合傾向」に拍車を掛け、紅 …

中国の反日活動と日本の曖昧さ

9月5/6日の週末、連日のNHK朝のニュースにはイライラさせられました 5時、6 …

怒りを忘れたの?日本!

テロにフランス人が十数名殺された。

なぜ日本はこんなに電線だらけなのか

海外から日本に来た外国人は「なぜ日本はこんなに電線だらけなのか」と驚きます。

マスコミの怠慢、傲慢

NHKはじめマスコミが官僚のご機嫌を伺い「言語統制?